FFXIのキャラですすめる小説


by ryo0610hi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今日も旅を続けるフェイリー達の周りでは穏やかなやさしい風が吹いている。
出された課題を一つだけ残して、あとはゆっくりとサンドリアに向かうだけの楽しいたびのはずなのだが、フェイリーは件の酔っ払い事件ですっかり落ち込んでいた。
そんな彼女を見かねたグッキーは気分転換にとバルクルム砂丘の海岸への寄り道を決め、フェイリーの手を優しく引いて海岸へと足を向けた。
「フェイちゃん。ここでちょっと休憩しようね」
明るく声をかけると、フェイは頷いて波打ち際まで進み、そこへ腰を下ろした。
辛気臭いフェイリーをため息混じりにライゼルは見ていたが、意を決したように彼女に近づくと
「いい加減浮上してこいよっ!」
言うが早いか、ライゼルはフェイリーの両脇をがしっと掴むと、そのまま海へ投げ飛ばした。
「ぎゃーっ!」
威勢のいい叫び声とともにフェイリーは海へと沈んで、そして元気よく泳いで岸にたどり着いたかと思うと、いきなりとび蹴りをライゼルにかました。
「うおっ!」
「いきなりなにするのよ!」
「おまえこそ!」
突然の出来事にグッキーの思考回路がまったく追いつかない。
「レディを海に投げ飛ばすなんて、最低!」
「けーーっ! レティがいきなりとび蹴りなんかするのかよ!」
「気孔弾!」
「どあっ!!」
フェイリーの(怒)気の塊を不意に受けて、ライゼルが砂浜に倒れこむ。それをみてフェイは勝ち誇ったように鼻で笑った。
「ふっ。油断大敵ですわよ。ナイト様」
「卑怯者めっ!!」
ますますの展開にグッキーはさらにパニックになる。
「あああ・・ちょっと・・二人してけんかは・・」
パニックになってるグッキーをみて、やがてライゼルとフェイリーは顔を見合わせて笑い始めた。
「ちょっ・・そこって笑うところ?」
グッキーは大笑いしている二人に講義すると、ますます二人は笑いが止まらないようだった。
「もーーっ」
怒っている風ではあるがグッキーも笑っていた。
「フェイ・・。あれはさ、お前が悪いんじゃないからきにすんな」
「うん」
そばに座って頷くフェイに、ライゼルは腕を回してぎゅっと抱きしめてやった。
「お前が元気ないと、グッキーさんも俺も元気なくなるぜ?」
「そういうこと!」
グッキーもぎゅーっとフェイに抱きついた。
二人にぎゅうぎゅうと抱きしめられて、フェイはうれしそうに笑うのだった。

More
[PR]
by ryo0610hi | 2010-03-10 01:40 | サンドリア編