FFXIのキャラですすめる小説


by ryo0610hi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

入団試験まで一週間。
なにもしないでいるよりは・・と、冒険者の経験のある義兄が私を特訓してくれた。
「君は剣をもって戦うより、格闘が向いてるとおもう。それから、回復魔法もいいね」
義兄がいうには、モンクと白魔道士に向いているという。モンクはわかるけど、白魔道士? 
「君は優しいからきっと守ってあげたいっておもっちやうだろ? 騎士だからナイトという手もあるけど、申し訳ないが剣の才能はないと思ったほうがいい・・・・」
いいにくそうではあったが、はっきりと義兄は言った。私自身、剣を持ったもののウサギに逃げられ返り討ちにすらあって、とても向いてるとは思えない。それに比べると、素手で殴っていると嘘のように決まる。
「白魔道士もつきつめると強いよ。私はそんな人をたくさんみてきた。ガルカ族だからといって向いていないなんてことは決してない。むしろむいているかもしれないよ」
義兄の言葉にそれならと白魔道士を目指しながら仕事の合間に一で修行なんかをしてみることにした。ある程度自分のジョブが決定していると受かりやすいとのうわさをどこからか姉が聞いてきてくれたのこともあって、私のやる気もうなぎのぼりだ。

More
[PR]
by ryo0610hi | 2009-04-24 18:31 | 番外編
「まあ、この花、つぼみがついたのね。もうそんな季節なのねぇ」
「思い出すわね。お前が騎士になるって言ったあのときのこと」
母がくすくす笑いながら、言う。
「やめてよ。お母さん。いい加減忘れてちょうだいっ」
私が言うと、大きなおなかをした姉が、花の入ったバケツを店に運びながら笑う。
「ちょっと、姉さんっ! そんな身重の体で力仕事しないでちようだいっ! 出てきたらどうするのよっ」
あわててバケツを取り上げて怒る私に、あねはけろっとして言う。
「体が軽くなっていいかも・・・」
「・・・・」
「さっき、騎士団の入団テストの期日が発表なったって、街の若者が大騒ぎしてたの聞いて私もあんたのこと思い出してわらっちゃったわ」
「笑うことないじゃない!」
「わらわいでか」
そう姉は言うと、ますます笑い出す。ひどい・・ひどいわっ。
「騎士団に受かったって、踊りながら帰ってきたことは、語り草に・・ぷぷ・・・」
「う・・うるさいわねっ」
姉にいいように遊ばれ始めた私を気の毒に思ったのか、母がそろそろお茶にしようかと声をかけてきた。
「ジェイトン。おなかの子の名付け親になってね」
「えっ・・・」
驚いて姉の顔をまじまじと見た。
「そして、いつか、この子が騎士になりたいって言ったら、面倒見てやってちょうだいな」
「ええええっ」
くすくすと姉が笑って言う。
「この子次第だからね。あくまでも。そうなったらの は な し」
「う・・うん」
「間違っても、受かったからって踊って帰ってくるようには、アドバイスはしないでよね」
「しないわよっ!!!」
久々に実家にもどれば、姉のおもちゃにされる。わかっているけどここはやっぱり私の家なのだと思う。素敵な家族。血はつながっていないけど、誰よりも私につながっている人たち。
母の入れたお茶を飲みながら、私はあの日のことを少し思い出した。

More
[PR]
by ryo0610hi | 2009-04-24 12:40 | 番外編

一方、相変わらず平和そうに眠っているフェイを思い切り蹴飛ばしたつわものがいた。
「ぬぉぉぉぉぉっ!」

蹴っ飛ばした・・・
[PR]
by ryo0610hi | 2009-04-13 13:48 | バス編