FFXIのキャラですすめる小説


by ryo0610hi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大好きなるふふへ
 元気ですか? やっとたくさん書いた手紙が出せる時が来ました。
 ジュノへやってきたよ! ジュノは話しを聞くのと見るのではとても違います。もっともっと大きくて、とてもたくさんの人がいます。
 色んな国に行く飛空艇乗り場や、とても高いところにある庭のようなところ。見るもの全部びっくりすることばかりです。いつかルフフとここでおしゃべりしたいなぁとおもっちゃった。
 
ここにたどり着く前に、色々あって、いっぱい泣いちゃった。お父さん、お母さんにも会えたよ。不思議だね。戦っているときに会えたの。

「骨が・・・・
[PR]
by ryo0610hi | 2006-08-21 14:42 | ジュノ編
  黒い煙に包まれて、気がつけば外の広場のような場所に三人はいた。
「ここは・・・・」
 ライゼルが周囲を見回し、後ろを向いて固まった。
「っ・・・・・!」

ライセゼルの・・・・
[PR]
by ryo0610hi | 2006-08-21 13:51 | ジュノ編
 ヤグードがフェイリーの前で呪文を唱え始めてすぐに一陣の風がヤグードを襲った。瞬間的であったが魔法詠唱を中断させるに十分な強さであった。
「フェイ!! 無事かっ!」
 グッキーとライゼルが祭壇のある部屋に飛び込んできた。魔法を詠唱してたヤグードが何かを叫ぶと何処から現れたのか数体の別のヤグードが突然現れ、グッキーとライゼルに襲い掛かった。
 グッキーを守るように前に立ち襲い掛かってくるヤグードにライゼルはすばやい動きで切りかかる。グッキーもまた、魔法でヤグードたちの動きを封じ込め援助しながら切りかかりじりじりと前へと進んでいく。
 その間に、魔法を詠唱を再開したヤグードに再び風が襲い掛かった。
 『うごけ・・うごけっ・・うごけっ!!』
 呪縛の魔法にかかり、二人が戦っている様子をだだ見ているしかないフェイリーは少しでも早くこの呪縛が解け、二人の側へ行ける事を祈っていた。
 風に再び詠唱を邪魔されたヤグードは、戦っていた仲間数体を自分の側に呼び寄せ、風から身を守る盾とし始めた。
「げっ・・・変に頭いいなぁ」
「そこ、感心するところですか?」
 妙な関心をするグッキーに突っ込みを入れながら、ライゼルはフェイリーの様子に気づいた。
「もしかして・・・・動けないんじゃ・・・」
 いつもだったら、助けを叫ぶかなにか、絶対暴れるはずのフェイリーが少しも動かずにいる。
「だね。おそらく呪縛されてるんだとおもう・・・・魔法が解けるのが早いか・・・僕たちがたどり着くのが早いか・・」
「なんにしても、あいつの詠唱を止めるのが先、ですね」
「そういうことっ!」
 グッキーのストーンIII が発動し、ヤグードたちの壁が崩れかけた瞬間を見逃さずライゼルが切り込む。それとタイミングを合わせるかのように、再び小さなつむじ風が魔法を詠唱しているヤグードに体当たりをするかのように吹きはじめた。
「やっぱり、この風意思を持ってるよ・・・フェイちゃんを守ろうとしてるみたい」
 グッキーが、風の動きを見て確信する。ライゼルもまた頷き同意した。
「ですね・・・魔法詠唱をとめてくれてる」
 共に戦う同士として不思議な風を認め、ヤグードの守りを少しずつ崩し、一体一体を確実に倒していく。
 まだ、フェイリーは動かない。
「どんな呪縛魔法だったんだ・・・」
 今だぴくりとも動かないフェイリーを不安げにライゼルは見た。
「いろいろ、強化魔法といい・・へんだよね」
 と、先ほどまでの音律とは違う魔法を中心のヤグードが唱え始めた。
「らいくん・・やばいかもっ・・はなれてっ!!」
 ヤグードの周囲にちろちろと炎が見えたグッキーは、範囲魔法と判断し、ライゼルに指示を出した。
「うわぁ・・・」
「いったーーいっっ!」 
慌てて、離れたもののヤグードの放った魔法に巻き込まれ、二人にかなりのダメージがきた。回復しようにも、魔力も残り少なくなっていた。
「ないよりましだから、『コンバート』する・・ライクン、ケアルするから僕がヒーリングしてる間がんばってくれる?」
「はいっ!」
 グッキーが体力と魔力を入れ替える準備をする。『コンバート』という技は使いどころを間違うと一撃で敵にやられてしまう。今のグッキーの『ないよりまし』は『魔力』より『体力』ほうが残っている・・・という意味での発言だった。ライゼルを全快すると、当然MPも尽きる。命がけだった。
「フェイもグッキーさんも俺が絶対、守りますっ」
「うん。信じてる。いくよっ」

グッキーとライゼルが・・・
[PR]
by ryo0610hi | 2006-08-21 12:15 | ジュノ編